のぼり以外でも使われている生地素材

のぼり旗の素材はいろいろあるのですが、どの素材ものぼりだけでなく他のものにも使われています。

のぼりの生地素材が、他にどんなものに使われているのか調べてみました。

・ポリエステル素材の生地

ポリエステル素材の生地は、テトロンポンジ、テトロントロピカル、トロマット、遮光スエードなどがあります。

のぼりで一番よく使われているのがテトロンポンジです。

テトロントロピカルは厚みがあるためのぼりの他に紅白幕やタペストリーに、トロマットは幕、タペストリー、遮光スエードもタペストリーに使われます。

・木綿素材の生地

木綿素材の生地は、天竺、金巾、葛城という種類があります。

天竺はのれんや幕、社旗、紅白幕など、金巾は綿素材の中でものぼりに一番使われているものですが、のぼり以外ならのれん、社旗、紅白幕、タペストリーなど、葛城は綿の中でも厚手なので横断幕や懸垂幕、のれん、たすきに使われることが多いものです。

・用途に合った素材を選ぶ

木綿の生地が良いと思っていても、カフェののぼりには合いませんし、和風で格式のあるお店にポリエステル素材ののぼりは合いません。

のぼりの生地は好きなものを選べば良いと思っている人もいるかもしれませんが、やはり用途に合ったものでないと不釣り合いになってしまいます。

のぼりは意外としっかり見られていて、雰囲気に合わないものが立ててあると「このお店何?」と思われることが多いのです。

それぞれ用途にあった素材を選ぶようにしたいものです。